📅作成日2021/11/03 更新日2021/11/03

タグ:#マイクラプラグイン鯖立て方

【マイクラ】ワールドエディットの使い方(worldedit)

サムネイル

ワールドエディット(worldedit)の使い方を見やすく説明、ワールドエディットは簡単に使えるのでコマンドを覚えておくと便利でしょう

ワールドエディットとは?

ワールドエディットとは、マインクラフトでの建築では一回は聞いたことがあるのではないでしょうか。聞いたことがあっても何に使うのか?どうやって使うのか?と思う人もいるだろう。 ワールドエディットは、クリエイティブで大活躍する。どんな機能があるかというと


コピーしたり貼り付けたり

ワールドエディットでやった作業を戻したり

でかい球体を作ったり

棒を作ったり。

ブロックを敷き詰めたり。


こんな便利な機能が使える、プラグイン,modです

ワールドエディットの使い方

ワールドエディットの使い方は簡単です。ワールドエディットはシンプルでとても使いやすいです。クリエイティブでよく使えます。

まず、コマンドで(//wand)と打ってください。そうすると斧をゲットすると思います。(クリエイティブのインベントリからでも出せる)

斧はなんの役目をするかというと、選択する範囲を指定できます。左クリックで開始地点指定、右クリックで終了地点指定できます。 斧がなければコマンドで座標を打つことになります。

まずよく使うコマンドから

ブロックを敷き詰める方法


コマンド

//set (ブロック名)


この範囲にブロックを敷き詰めてみましょう

コマンドで、(//set ブロック名)と入力してみてください。ここでは試しに//set white_concreteと入力します。そうすると

このようにブロックが敷き詰められます。

コピーしてペーストする方法


コマンド

//copy

//paste


今回これをコピーしてみたいと思います。

コピーする前にコピーする位置を決める必要があります。

画像で大体わかると思いますが、コピーする位置とおんなじところにコピーされます(語彙力不足)まあ使って言ったらわかります

コピーしたい範囲を斧で選択し、//copyを打ちます。

ペースト(置く)時は//pasteでペースト(設置)できます。

回転させる方法


コマンド

//copy

//rotate [何度(-180~180度)]

//paste


回転させる方法は、回転させたいところを斧で選択して、コピーします(//copy)※コピーしてペーストする方法を見てください

コピーしたら、回転するコマンドを打ちます、//rotate [何度(-180~180度)]で回転させます。-180度-90度0度90度180度という感じに 90度づつ回転させることを推奨します。回転させたら//pasteを打ちましょう。そうすると回転します。

巻き戻す,やり直す


コマンド

//redo [回数(1~15)]

//undo [回数(1~15)]


このコマンドは単純で、//undo (1~15)が巻き戻す、//redo (1~15)がやり直すです。 回数指定もできるので一度に大量に巻き戻すことができますが15回以上は巻き戻しが効きません。

いろいろな球体を作る


コマンド

//hcyl [ブロック名] (半径)

//cyl [ブロック名] (半径)

//hsphere [ブロック名] (半径)

//sphere [ブロック名] (半径)


球体と行っても、円の部分だけのやつもある。

画像のように、//hcyl [ブロック名] (半径)は、縦1マスに、円がありその中が空洞である。

//cyl [ブロック名] (半径)は、縦1マス、円があり//hcyl [ブロック名] (半径)の中が空洞ではなく、 敷き詰められている。

//hsphere [ブロック名] (半径)は、自分の中心の半径〇〇マスの大きさの球体を作る、中が空洞である。

//sphere [ブロック名] (半径)は、自分の中心の半径〇〇マスの大きさの球体を作る、中が敷き詰められている。

ツールコマンド


コマンド

/none

/info

/tree [木の種類]

/repl [ブロック名]

/floodfill [ブロック名] [半径(1~5)]


ツールコマンドって何やねんっと思うかもしれませんが、アイテムに物を置き換えるコマンドを打って、右クリックすると指定したブロックに置き換わったりとかしてくれるコマンドです。 ブロックに置き換わる以外にもあるのでご安心してください。

このコマンドは、設置できるブロックには適応できません

/noneこのコマンドは、アイテムについているコマンドを外すコマンドです(語彙力不足)

/infoこのコマンドは、右クリックをしたら、座標,ブロックIDなどを表示してくれるコマンドです。

/tree [木の種類]このコマンドは、右クリックをしたら、草ブロックの上に指定した木を生やしてくれるコマンドです。

/repl [ブロック名]このコマンドは、右クリックをしたら、右クリックしたブロックを指定したブロックに置き換えるというものです。

/floodfill [ブロック名] [半径(1~5)]このコマンドは塗りつぶす事ができるコマンドです。画像のように、塗りつぶしてくれます。

まあ、このぐらい知っておけば、ワールドエディットは十分使えるでしょう。

終わり